読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっとあなたは明日も自分を好きになる

セラピストの愛のつぶやき

この2つを意識するだけで「聴き上手」になれちゃう裏ワザ

みなさんは、人の話を聴くときに

意識していることってありますか?

 

自分が話を聴いてもらって

「この人の前だと話やすいな〜」

っていう人、いませんか?

 

今ではカラーセラピストとして

いろんな人の話を聴くしごとをしているわたしですが、

昔から話を聴くことが得意だな〜と

思っていたわけではありません(T_T)

むしろ聴くことを意識しはじめたのは

セラピストとして活動し始めてからです💡

 

それよりも、わたしは

話すことが苦手で、そればかり改善しようとしていました😥

「どうしたら話が弾むんだろう」

「もっと上手く話ができないかな〜」

と、、。

 

でも、あるときに気づいたんです。

話すことが苦手なことばかり見るんじゃなくて

話すことが苦手だからこそできること

があるんじゃないか💡って。

そこで、

《話すことが苦手なら反対の、聴くことにシフトチェンジしたらいい!》

 と思い、顔晴って話すことをやめました(笑)

 

今回は、わたしが日ごろからしている

"相手の話を聴くコツ"

についていくつかまとめようかなと思います。

みなさんの参考になれば〜🌸

 

1.目の前の人に興味をもつ

f:id:colorrr:20170404094510j:image

1番大切なのがコレ!

目の前の人に興味をもつと、

その人が話した言葉に対して

「どうしてこの人はそう思ったんだろう?」

「なんでその行動をしたんだろう?」

 って、たくさん疑問が出てきます。

質問のしすぎは注意ですが、

こちらから質問することによって相手が

「わたしのことちゃんと見てくれてる!」

「興味をもってくれてる!」

と、"あなたのこと知りたい"の気持ちを

キャッチしてくれます(*^^*)

 人は、自分の話を聴いてもらって悪い気はしません。

ましてや、自分に興味をもってくれていると感じてもらうことで、

もっと話したいなと思ってくれたり、

もう一度会いたい!と思ってくれます。

 

相手に興味をもつことで、

話しやすい雰囲気をこちらから

創ることができるのです(*^_^*)

 

2.相手の目を見る

f:id:colorrr:20170404112103j:image

これは、"あなたに興味があります"

という気持ちを伝える手段にもなります。

 「目は口ほどにものを言う

と言う諺があるように、

目にはいろんなことを伝えるパワーがあります。

"目を見すぎると、威圧感を与える"

とも聞きますが、それは上目遣いをしていたり

どこか睨みつけるような目をしている場合。

 「あなたのこと、もっと知りたい」

と、柔らかく相手のことを見ていれば、

自然に相手への威圧感はなくなります。

 

 

今回は2つ挙げましたが、

この2つがすぐにできる人はなかなかいません。(わたしもでした😥)

でも、日ごろから少し意識していくと

だんだんそれが習慣になり、

意識しなくてもできるようになります。

 

次回は話を聴くときの大切なポイントである

"相づち"についてお話しようと思います✨